離乳食の後期に使える食品

離乳食での食品別時期情報を紹介

子育て情報

離乳食に使う食品別時期の紹介

離乳食そろそろかしらぁ〜 と思っている方のお役立ちになれば幸いです。

の付いている食品はアレルギーを起こす可能性がありますので、特に気をつけて与えるようにしてあげて下さい。

赤ちゃんには個人差がありますので目安程度にして下さい。

離乳食に使う食品別時期 後期(9〜11ヶ月)


 油揚げ

油で揚げてあり、赤ちゃんにはかみ切りにくいようです。
使用は後期から、熱湯を回しかけて油を落とし、細かく刻んであげて下さい。

 練り製品

かまぼこ、ちくわ、はんぺんなどです。
弾力があるため上手にかめるようになってからがよいようです。
薄切りにしてあげて下さい。
塩分が多く含まれているので、茹でこぼしてあげて下さい。

 牛肉・豚肉  (赤身を)

脂の少ない赤身の部分を使用して下さい。
ひき肉が食べやすいのでおすすめです。
やわらかい薄切り肉も一口大に切ったら食べやすいようです。

 山いも★  (加熱して使用で)

山いもでかぶれることもあるので、アレルギーのある赤ちゃんは完了期以降で使用したほうが安心です。
お焼き、お好み焼きなどのつなぎに取り入れるとよいでしょう。

 きのこ類

中期後半から使用できますが、かみ切りにくいので後期からの使用がよいようです。
そのままの形でうんちに混じっていても問題ありません。

 バターロール

食パンのようなプレーンなパンに慣れたようでしたら使用できます。
ただし、外側の皮の部分はかみ切りにくいので、取り除いて使用して下さい。

 トマトケチャップ  (少量を)

風味付け程度で、後期から使用できるようです。
ピューレやペーストのほうが塩分量が少ないので、ケチャップよりおすすめです。

 マヨネーズ★  (少量を)

卵を食べるのに慣れたら、後期から少量の使用ができるようです。
油脂、塩分が多く含まれているので、風味付けに使用する程度にしたほうがよいようです。

 梅干し  (風味付けに)後期後半〜

酸味が強く、塩分も多く含まれているので、離乳食期には使用しないほうがよいようです。使用するなら、風味付け程度で後期後半から使用して下さい。

スポンサードリンク

子供大好きRMが子育てのお役に成れば幸いです。
当サイトで発生したトラブル・損害については一切責任を負いません。
当サイトに掲載されているデータ等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。