赤ちゃんの発熱の時

赤ちゃんの症状別対処方法・ホームケア

子育て情報

発熱の時の対処  一般的な対処方法を紹介

いつもと様子が違うと思ったら熱を測りましょう。

熱はなぜでるか?
・熱が出るのは体の防衛反応の一種で、ウイルスの活動を抑える為に熱が出ます。

熱がでたら?
@37.0〜38度迄の場合は、1時間程度毎に熱を測って様子を見る。赤ちゃんは症状が急変しやすいので、気を付けて様子を見てあげてください。

A38度以上の場合!年齢によって対処は違います。

0〜1ヶ月の場合は、すぐに病院に連絡を取り相談してください。

2〜3ヶ月の場合は、機嫌がよく・ミルクをちゃんと飲むようで有れば、あわてずに 時間外であれば翌日の受診でも大丈夫。

4ヶ月以降の場合は、機嫌がよく・ミルクをちゃんと飲むようで有れば、翌日以降の受診でも大丈夫。

※40度近くの熱・症状の急変・ほかの症状(嘔吐・下痢等)・機嫌が悪い・食事をしない・おしっこが出ない等の場合は、すぐに病院に相談して受診してください。

医師につたえるポイント!

@熱はいつ頃からでて何度あるか

A熱以外の症状

B食事・水分が取れているか・おしっこは出ているか

C機嫌の善し悪し等全体の状態

基本的に早めに医師に相談して受診しましょう



発熱の時のホームケア  簡単に紹介

1.熱の出始めは手足が冷たく成ります。手足が温かく成るまで厚着をさせたり、毛布等で暖めてあげましょう。この時解熱剤や体を冷やしても効果はなく逆効果です。

2.手足・体が熱くなったらすこし薄着にして、いやがらなければおでこ・わきのした・太ももの付け根当たりを冷やすと効果的です。機嫌が良ければなるべく解熱剤は使わない方が良いです。

3.熱が出た場合は、脱水症状を引き起こす恐れが有ります。水分補給は少量ずつこまめにしましょう。下痢・嘔吐が伴う場合は、特にこまめに水分補給をしましょう。 
ベビー用イオン飲料が一番良いと思います。


4.熱があるときはお風呂は控えましょう。熱があるときは、お湯に浸したタオルで体を拭いて清潔にしてあげてください。体を拭くときは赤ちゃんにいつもと違う症状がないかチェックしましょう。(発疹・おなかの張り等)機嫌が良ければシャワー等でおしりを洗って清潔を保ってあげましょう

※一般的な対処方法ですので、医師に相談してホームケアをしてあげてください。



スポンサードリンク

子供大好きRMが子育てのお役に成れば幸いです。
当サイトで発生したトラブル・損害については一切責任を負いません。
当サイトに掲載されているデータ等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。