赤ちゃんの下痢の時

赤ちゃんの症状別対処方法・ホームケア

子育て情報

下痢の時の対処  一般的な対処方法を紹介

赤ちゃんは大人に比べて胃腸が未発達の為、下痢をしやすいです。機嫌が良く食欲があるようでしたらあまり心配する必要がありません。

あまりにも続くようでしたら、医師に相談してください。

熱・嘔吐・血便を伴う場合は、早めに受診してください。

医師につたえるポイント!

@下痢の回数(下痢が始まった日からの日ごとの回数と当日の回数)

A便の色・状態(例:形があるけどゆるい、水っぽい など)

B下痢以外の症状(特に嘔吐がある場合は必ず申告を!)

Cおしっこの回数(例:いつもより少ない、ほとんどオムツがぬれていない など
           …脱水症状の目安になるようです)

D機嫌の善し悪し等全体の状態
          (おなかが痛いと、いつもより機嫌が悪くなることがあるかも)

基本的に早めに医師に相談して受診しましょう



下痢の時のホームケア  簡単に紹介

1.下痢の時は脱水症状を起こす恐れがありますので、こまめに水分補給をしてあげ
  てくだ さい。ベビー用イオン飲料が良いと思います。
   ※消化の悪い物、脂っぽい物、柑橘類の飲み物は禁物!

2.食欲が無いときは無理に食べさせなくても良いですが、離乳食は一段階戻して
  消化の 良い物にしましょう。(たくさん食べさせすぎるのもよくないようです。)

3.おしりがかぶれやすくなるので、ぬるま湯で洗って(座浴して)清潔にしてあげてく
  ださい 。おしりふきも何らかの添加物が使われていますので、使いすぎはかぶれ
  につながります。特に女の子の場合は、便が尿道につき大腸菌に感染する恐れ
  や、かぶれの原因にもなり ますので、その点も留意して洗ってあげて下さい。

※一般的な対処方法ですので、医師に相談してホームケアをしてあげてください。



スポンサードリンク

子供大好きRMが子育てのお役に成れば幸いです。
当サイトで発生したトラブル・損害については一切責任を負いません。
当サイトに掲載されているデータ等の無断使用・無断転載はご遠慮ください。